デオシーク 股間

デオシークは股間の臭いを消すことができるのか

デオシーク 股間 臭い

股間が臭いなんて悩み、人には絶っっ対言えませんよね。もちろん気付かれたくもありません。

 

股間の臭いは意外なことに男女とも悩んでいる人が多いと言われています。ワキガと並んでニオイ関係では一番恥ずかしいものの一つじゃないでしょうか。なんとなく『股間が臭い』と聞くと

 

・洗ってないんだ

 

・不潔にしてるんだ

 

 

っていうイメージないですか?でも股間の臭いはしっかり洗っていてもすることがあるんです。

 

デオシーク 股間 デリケートゾーン

デオシークは女性向けの広告を見ると『デリケートゾーンに使える』なんて書いてあります。デリケートゾーンってことはつまり股間、アソコです。デオシークは本当に股間の臭いを消すことができるんでしょうか?

 

股間が臭くなる原因は『ワキガと同じ』?

デオシーク 股間 ワキガ

ネットで股間の臭いについて調べていくと『スソワキガ』という言葉に行き着きます。スソワキガ…ワキガ?そしてスソってなんだ?疑問はすぐに解決します。スソとは股間のことです。特に女性が用いる言葉で、要するに股間のワキガのこと。

 

なぜワキガと言われるかというと、ワキガとスソワキガの原因が同じだからです。脇も股間も、タンパク質や脂質を含んだ汗を分泌するアポクリン腺という汗腺が集中しており、その汗を雑菌が分解することで臭くなる…という同じメカニズムで臭いが発生するんだそうです。

 

さらに股間は基本的に外部に晒されることはありません(当たり前ですね)そのため股間はとってもムレやすく、なおかつ臭いが逃げずに籠りやすい場所なんですね。

 

アポクリン汗腺は色々なところに張り巡らされる

デオシーク 男性 アポクリン汗腺

臭いの原因を出しやすいアポクリン汗腺ですが、いろんなところに張り巡らされています。

  • 脇の下
  • 股間周辺
  • お腹周辺(ヘソの周り)
  • 胸周辺(乳首の辺り)

に多いそうです。部位を見てわかる通りなぜか衣服に隠れて通気性が悪いところに集中してますね。これでは臭いがこもりやすくなるのも仕方ないのかもしれません。

 

スソワキガ体質の人は、アポクリン汗腺が耳の穴の中にも存在することがあるそうです。そのため耳垢が湿っているとアポクリン汗腺が多い恐れがあり、股間が臭くなる可能性も高まるんだとか。

 

アンモニア臭が滞留していることも

デオシーク 股間 アンモニア

股間は排泄にかかわる器官でもあります。当然トイレに行けば拭いたり洗ったりの処理をして出てくると思いますが、それでもアンモニア臭が残ってしまうこともあります。

 

また下の毛が臭いを溜め込みやすいともいわれています。男性のスソワキガ、股間のムレ、アンモニア臭…これらをガッチリつかんで離さないんですね。だからと言って剃ってしまうこともできませんから悩ましいところです。

 

デオシークで股間の臭いを抑えよう

デオシーク 股間 臭いを抑える

ワキガ用品であるデオシークが『デリケートゾーンの臭いにも』って言っているのは、このように股間の臭いとワキガに密接な関係があるからなんですね。成分を見ればそれも納得できました。

 

デオシーククリームの有効成分にはパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されていて、汗を抑える働きがあります。つまりアポクリン腺から出る汗そのものをストップしてくれるんですね。この成分でムレを防ぐこともできそうです。

 

このほか臭いを作り出してしまう雑菌をやっつけるイソプロピルメチルフェノールや、カキタンニンをはじめとした天然消臭成分が配合されています。刺激の強い成分を使っていないので股間にも安心して使えるってことですね。

 

デオシークの股間への効果的な使い方

使うのは『朝晩・忘れず』!

 

デオシーク 股間 タイミング

デオシークは持ち歩きしやすい小さいボトルではありますが、外出中に塗ろうとしたらほぼトイレ以外では使うことができないでしょう。そのため朝の出かける前と、夜の入浴後に塗るのが最もバレにくい塗り方です。

 

またデオシークは水気のある状態では使えません。そのため汗やウォシュレットで濡れてしまうおそれのある外出中より、家にいて股間が乾いてるときに塗るのが効果的ですよ。

 

粘膜部分には塗らない

 

デオシーク 股間 塗り方

これはデオシーク公式サイトの『よくある質問』にも載せられていることなので抜粋しておきます。

 

デオシーク 股間 注意

(抜粋)
”Q.デリケートゾーンにも使えますか?”

 

”デオシークは天然成分を使用し、低刺激の成分を使用しておりますのでデリケートゾーンを含め全身どこでも使用可能です。※粘膜へのご使用はお控えください。デリケートゾーンにご使用の際は毛が生えているところや毛穴になじませるようにしてください。 ”

 

ここに書かれている通り粘膜部分には使用せず、毛穴になじませるように使います。そもそも粘膜部分には毛穴が見当たりませんから塗ってもあまり意味はないでしょう。沁みる可能性もあるので、正しく使ってニオイケアしてください!

 

▼詳細はこちら▼

デオシーク 股間 ボタン

 

>> デオシークは男のワキガに効果ある?【写真付1ヶ月体験レビュー】  TOP